コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為尊親王 ためたかしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

為尊親王 ためたかしんのう

977-1002 平安時代中期,冷泉(れいぜい)天皇の第3皇子。
貞元(じょうげん)2年生まれ。母は藤原超子。弾正尹(だんじょうのいん)となり,のち大宰帥(だざいのそち)をかねる。長保4年病気により出家し,6月13日死去。26歳。和泉式部(いずみしきぶ)と恋愛関係にあったとつたえられる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

為尊親王の関連キーワード和泉式部日記貞元冷泉

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android