為愚痴物語(読み)いぐちものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

いぐちものがたり【為愚痴物語】

仮名草子。曾我休自作。1662年(寛文2)刊。8巻。作者については伝記不明であるが,作中に独身であったこと,朝鮮に行ったことなどが告白されている。全巻142段。随筆的なもので,神儒仏の教訓を語りつつ,また故事や見聞を書き記している。織田信長の家来野間藤六の話,一休和尚の話,大福長者の教えなど,雑多なものが含まれている。《可笑記》にはじまる仮名草子の随筆系統のもの。【野田 寿雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android