コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏有先生 ウユウセンセイ

デジタル大辞泉の解説

うゆう‐せんせい〔ウイウ‐〕【×烏有先生】

《漢の司馬相如が「子虚賦」の中で、亡是(むぜ)公とともに仮設した人物であるところから》架空の人物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うゆうせんせい【烏有先生 Wū yŏu xiān shēng】

中国,前漢の司馬相如の〈子虚・上林の賦〉に登場する架空の人物。このには子虚,烏有先生,亡是公(ぼうぜこう)の3人の人物が登場して,それぞれに楚王と斉王と天子の狩猟の盛大さを自慢しあうという枠組みで作品が展開する。注によれば,子虚の虚とは〈虚言(うそ)〉,烏有とは〈烏(いずくん)ぞ此の事有らんや〉,亡是とは〈是(こ)の人亡(な)し〉の意。いずれも架空の人物であることをその名をもって顕示する。賦の文学が本質として持つ虚構性につながる人物設定である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うゆうせんせい【烏有先生】

〔司馬相如「子虚の賦」より。架空の人物を三人設けて子虚・烏有先生・亡是むぜ公と名づけたことによる〕
架空の人物のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報