烏有(読み)ウユウ

デジタル大辞泉の解説

う‐ゆう〔‐イウ〕【×烏有】

(いずく)んぞらんや、の意》全くないこと。何も存在しないこと。
「妄人は妄を恣(ほしいまま)にして、空中に楼閣を築き…―の談を為(つく)る」〈露伴運命

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うゆう【烏有】

〔「烏いずくんぞ有らんや」の意〕
全くないこと。 「応仁の火に係りてたちまち-となれる/読本・弓張月
[句項目] 烏有に帰す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐ゆう ‥イウ【烏有】

〘名〙 (「烏(いずくんぞ)有らんや」の意) 何もないこと。皆無。また、架空。
※空華日用工夫略集‐永和元年(1375)四月一六日「其本遂成烏有矣」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「件(くだん)の秘録、〈略〉忽(たちまち)烏有(ウユウ)となれるになん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android