コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏有 ウユウ

デジタル大辞泉の解説

う‐ゆう〔‐イウ〕【×烏有】

(いずく)んぞらんや、の意》全くないこと。何も存在しないこと。
「妄人は妄を恣(ほしいまま)にして、空中に楼閣を築き…―の談を為(つく)る」〈露伴運命

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うゆう【烏有】

〔「烏いずくんぞ有らんや」の意〕
全くないこと。 「応仁の火に係りてたちまち-となれる/読本・弓張月
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

烏有の関連キーワード怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ぼく東綺譚丸善(株)烏有に帰す大興善寺烏丸光広榎本武揚度会延佳司馬相如濹東綺譚烏有先生財部鳥子木村黙老妙心寺弓張月円城塔尊永寺青葉城帰する財本

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android