コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏海 うかい

1件 の用語解説(烏海の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

烏海
うかい / ウーハイ

中国北部、内モンゴル自治区中南部のオルドス高原西部にある自治区直轄の鉱工業都市。人口39万7173(2000)。寧夏(ねいか/ニンシヤ)回族自治区に接する。黄河に沿い、包蘭(ほうらん)鉄道が通じる。もと烏達(うたつ)、海勃湾(かいぼつわん)の2市であったが、1975年合併、烏海市となった。きわめて豊富に石炭を埋蔵し、また包蘭鉄道の支線により吉蘭泰(きつらんたい)塩池から塩、ソーダの供給を受け、化学、冶金(やきん)、セメント、機械工業が発達している。黄河の対岸はウランブフ砂漠である。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の烏海の言及

【オルドス】より

…明代にはモンゴル族が優勢であったが,清代には政府の懐柔策が成功して平和が続き,これに乗じて東部では漢民族が進出して牧地の耕地化が行われた。近年,西部の黄河岸には烏海(うかい)市という市が設立され,付近の桌子山(たくしざん)炭坑の石炭をもとに冶金,セメント,化学,機械などを主とする新興工業都市として発展している。また包蘭線(包頭(パオトー)~蘭州)が通過し,ここから西に黄河を越えてジャルタイ(吉蘭泰)に至る支線も敷設された。…

※「烏海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone