コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無み ナミ

デジタル大辞泉の解説

な‐み【無み】

[連語]《形容詞「なし」の語幹「な」+接尾語「み」》…ないので。…なさに。
「よるべ―身をこそ遠くへだてつれ」〈古今・恋三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なみ【無み】

〔文語形容詞「無し」の語幹に接尾語「み」の付いた語〕
無いので。無いために。無いゆえ。 「若の浦に潮満ち来れば潟かたを-葦辺あしべをさして鶴たづ鳴き渡る/万葉集 919

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無みの関連情報