コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無み ナミ

デジタル大辞泉の解説

な‐み【無み】

[連語]《形容詞「なし」の語幹「な」+接尾語「み」》…ないので。…なさに。
「よるべ―身をこそ遠くへだてつれ」〈古今・恋三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なみ【無み】

〔文語形容詞「無し」の語幹に接尾語「み」の付いた語〕
無いので。無いために。無いゆえ。 「若の浦に潮満ち来れば潟かたを-葦辺あしべをさして鶴たづ鳴き渡る/万葉集 919

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無みの関連キーワード大動脈炎症候群円方女王秦野盆地侘しい乱れ麻為我説接尾語長皇子和歌浦片男波兼愛説高安病床中

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無みの関連情報