コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無侵襲的出生前遺伝学的検査 ムシンシュウテキシュッショウゼンイデンガクテキケンサ

デジタル大辞泉の解説

むしんしゅうてき‐しゅっしょうぜんいでんがくてきけんさ〔ムシンシフテキシユツシヤウゼンヰデンテキ‐〕【無侵襲的出生前遺伝学的検査】

妊婦の血液を用いて、ダウン症など胎児の染色体異常を調べる出生前診断。日本では平成25年(2013)4月から臨床研究として始まった。母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査。NIPT(non-invasive prenatal testing)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

無侵襲的出生前遺伝学的検査の関連キーワード新型出生前診断

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無侵襲的出生前遺伝学的検査の関連情報