コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無害航空権 むがいこうくうけんright of innocent aerial passage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無害航空権
むがいこうくうけん
right of innocent aerial passage

航空機が他国領空をその国の秩序と安全を害することなく通過する国際法上の権利。非定期航空に従事する締約国の民間航空機と締約国の特別の許可を受けて定期航空に従事する民間航空機に認められている (国際民間航空条約 5,6条) 。軍,警察,税関用の国の航空機は,関係国の特別の協定か許可を要する (3条) 。国際慣習法上の領海の無害通航権法源を異にするが,結果は類似している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

むがいこうくうけん【無害航空権】

害を与えないかぎり、他国の領空を自由に通過できる権利。条約・国際協定により、さまざまな条件付きで認められる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

無害航空権の関連キーワード国際協定条件付き条約

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android