コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

領空 りょうくう territorial air space

6件 の用語解説(領空の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

領空
りょうくう
territorial air space

領土および領海の上空で,国家が領域権を有している空間。 1944年の国際民間航空条約1条は,締約国がその領域上の空間において,完全かつ排他的な主権を有する旨を規定している。また同条約は,上空の垂直的範囲について特に規定していない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょう‐くう〔リヤウ‐〕【領空】

領土領海の上空の空間からなる国家の領域。国家は領空に対して完全かつ排他的な主権を有する。高度については特に制限はないが、宇宙は特定の国家の主権に服さない自由な国際的空間とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

領空【りょうくう】

領土領海上の空域により構成される国家領域。領土・領海に対すると同じく国家の主権が及び,領海における船舶について認められる無害通航権は,領空における航空機には一般に認められていない。
→関連項目国境スクランブル領域

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りょうくう【領空 national airspace】

国家の領土と領海の上部の空間。領域の一部を構成し,国際法に基づく一定の制限を除き,その国家の完全かつ排他的な主権(領空主権という)に服する。したがって,領海に認められている無害通航権は,領空においては一般的には認められない。つまり,外国の航空機は領域国の許可なしにその領空を飛行したり,着陸することができないのである。しかし,これでは国際交通上非常に不便を来たすので,今日では,国家が2国間または多数国間の条約を結んで,相互に領空の無害航行を認め合うことが一般化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょうくう【領空】

国家の領域を構成する部分で,領土と領海の上部の空間。上限は未確定だが,宇宙空間は特定国家に属さないとされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

領空
りょうくう
territorial airspace

領土・領水上空の国家領域。具体的には、領土と領水(湖、河川、港などの内水と領海からなる)の外側の限界において地表上垂直に立てた線によって囲まれた空域部分をさすが、その上限(宇宙空間との境界)は国際法上未確定。第一次世界大戦中のヨーロッパ諸国の実行から、各国はその領域上の空間において「完全かつ排他的な主権」(領空主権)を有することが承認され、この原則は1919年の「国際航空条約」(パリ条約)第1条、1944年の「国際民間航空条約」(シカゴ条約)第1条などにおいて明文化され、今日では確立された法原則となっている。
 領空主権の完全・排他性のため、ある国の領空における外国航空機は、外国船舶が沿岸国の領海において享有する無害通航権のような一般国際法上の権利を認められず、領域国の許可または条約、協定上の根拠なくその国の領空に立ち入る場合は、領空侵犯として国際違法行為とされてきた。その場合、領域国は警告、進路変更、退去、着陸命令などの対応措置をとるが、撃墜を含む実力行使がとられることもあった。しかし、一方で外国軍用機による奇襲攻撃の危険性に備えるため、また、他方で国際民間航空の安全運航を確保するため、領空侵犯について軍用航空機と民間航空機とを区別した対応措置をとる傾向が生じている。とくに、1983年にソ連空軍機のミサイル攻撃によりサハリン付近上空で撃墜され乗員・乗客全員が死亡した大韓航空機撃墜事件は、国際民間航空の安全を確保するための国際協力のさらなる必要性を世界中に喚起し、民間航空機に対する武力不行使の原則を盛り込んだ国際民間航空機関(ICAO)の決議が多数の国によって支持された。その結果、1984年にシカゴ条約の改正が行われ、民間航空機に対する武器の使用を差し控える旨の一般的規定が追加された。
 今日では、円滑な国際民間航空運送業務のために、関係国間で締結される二国間航空協定によって相互に飛行権や運輸権が確保されている。このように、空の自由化は一般に関係国相互間の交渉、協定を通じて具体的に実現されるため、領空主権は、国家の軍事的安全や公の秩序を確保するためばかりでなく、国際商業航空における権益を交換、確保するための手段としても機能している。
 また、多くの沿岸国が軍事的安全保障のために領海上空に接続する公海上空(公空)に一定範囲の防空識別圏(ADIZ)を設定して、外国航空機に位置報告等を要求するという実行が増えている。ADIZは公空における飛行の自由との関係で問題とされたが、今日では沿岸国の安全保障のための措置として一般的に合法視されている。
 なお、12海里までの領海幅員の拡大や群島理論の導入によって、従来から認められてきた公海上空の飛行の自由が失われることになる国際海峡と群島水域においては、それらの上空が海峡沿岸国や群島国の領空であるにもかかわらず、1982年の国連海洋法条約が、軍用航空機を含むすべての外国航空機に対して、継続的かつ迅速な通過のための通過通航権(第38条)と群島航路帯通航権(第53条)を保証している。[栗林忠男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の領空の言及

【領海】より

…この点で,領海は内水とは区別される。領海の上空は領空としての地位をもつ。 領海の範囲は,海岸からの距離によって決定される。…

※「領空」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

領空の関連キーワード併合領域領海領土群島理論領水沿岸海家産国家時空空間ブリルアン帯(ゾーン)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

領空の関連情報