定期航空(読み)ていきこうくう(英語表記)scheduled air service

  • ていきこうくう ‥カウクウ
  • ていきこうくう〔カウクウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛行区間と発着曜日および時刻定め運航する航空運送事業民間航空輸送の中核をなし,その重点旅客輸送に置かれているが,航空貨物専用の定期航空会社もある。日本では日本航空全日本空輸が代表的な定期航空事業会社である。このような航空運送事業を行なうには,日本の航空法では,国内線,国際線とも国土交通大臣の許可を受けなければならない。なお国内線の運賃は届け出だけでよいが,特定旅客荷主に対し不当な差別的取り扱いをすることなく,社会的経済的事情に照らして著しく不適切でなく,他の航空運送事業者との間に不当な競争を引き起こすおそれのないものでなければならない。また国際線の運賃は認可を受ける必要がある。認可の条件は外国との間の航空協定その他の国際約束に適合することとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

定地点間を,あらかじめ定められた時間表に基づいて,旅客や貨物の運送に当たる事業航空航空法による運輸大臣の事業免許と料金の承認が必要で,正当な理由なく欠航することはできない。また国際線の運航は国際民間航空協定を守って行う。定期線の操縦士は定期運送用操縦士の資格を要する。→民間航空ICAO(イカオ)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1944年の国際民間航空条約(シカゴ条約)に準拠して52年に制定された航空法に規定されている,航空機を使用して有償で旅客,貨物,郵便物を定期的に運送する航空運送事業のこと。すなわち2地点間ごとに路線を定め,その路線上を決められた日時に従って航空機を運航する方式である。定期航空は国際定期航空運送事業と国内定期航空運送事業に分けられるが,同一企業が国際線,国内線をあわせもつことができる。世界の主要航空会社は定期航空を中心に事業を営んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 一定の空路を一定の日程表にしたがって定期的に飛行すること。また、定期航空運送事業を略した意に用いる。
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉東京の顔「今や発着時刻表を掲出して、東京から大連までの定期航空をやりつつあるのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定期航空の関連情報