コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期航空 ていきこうくう scheduled air service

4件 の用語解説(定期航空の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定期航空
ていきこうくう
scheduled air service

飛行区間と発着の曜日および時刻を定めて運航する航空運送事業民間航空輸送の中核をなし,その重点は旅客輸送に置かれているが,航空貨物専用の定期航空会社もある。日本では日本航空全日本空輸が代表的な定期航空事業会社である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていき‐こうくう〔‐カウクウ〕【定期航空】

航空機が決められた二地点間を定期的に運航すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

定期航空【ていきこうくう】

定地点間を,あらかじめ定められた時間表に基づいて,旅客や貨物の運送に当たる事業航空航空法による運輸大臣の事業免許と料金の承認が必要で,正当な理由なく欠航することはできない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ていきこうくう【定期航空】

1944年の国際民間航空条約(シカゴ条約)に準拠して52年に制定された航空法に規定されている,航空機を使用して有償で旅客,貨物,郵便物を定期的に運送する航空運送事業のこと。すなわち2地点間ごとに路線を定め,その路線上を決められた日時に従って航空機を運航する方式である。定期航空は国際定期航空運送事業と国内定期航空運送事業に分けられるが,同一企業が国際線国内線をあわせもつことができる。世界の主要航空会社は定期航空を中心に事業を営んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

定期航空の関連キーワードICAO航空法国際航空条約国際民間航空機関シカゴ条約国際民間航空条約領空権ILO条約パリ条約(国際民間航空条約)ワルソー条約

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定期航空の関連情報