コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無差別戦争観 むさべつせんそうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無差別戦争観
むさべつせんそうかん

戦争は国家の主権的権利であるから,戦争当事国は法的に平等であり,戦時国際法だけを遵守すれば足りるという把握で,正戦論に対置される。 19世紀に確立し,第1次世界大戦以来崩壊した。この考えのもとで,中立が肯定され,中立法を含めた戦時国際法が発達した。他面,国家の自由な戦争を肯定し,世界大戦を招いたと批判され,戦争の禁止が確立したことによって,今日,基本的に否認されていると解される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の無差別戦争観の言及

【国際法】より

…日本が黒船の来航によって250年に及んだ鎖国を排して開国に踏み切った19世紀半ばは,この国際法の発展期の最後の時期にあたる。 この時期は,ヨーロッパの先進諸国が資本主義の発達に伴い軍事力を背景として海外に進出していった時代で,戦争を国家目的実現の一手段とみる無差別戦争観が正戦論に代わって支配的になった(戦争)。また,戦争の際に中立国の商業活動を擁護するための中立法規も発達した。…

【戦時国際法】より

…そして戦争の正当原因を有する君主が処罰として行う戦争には当時の未熟な戦争法規の適用は必ずしも要請されなかったし,まして中立法規はまだ念頭にはなかった。近代国際法とくに戦時国際法の本格的形成と発展は,17~18世紀における正戦論から無差別戦争観への転換を契機とする。無差別戦争観の下で主権国家間に戦争の正当原因を判定する上位者はなく,戦意の表明による正式の戦争が発生すれば,交戦国間には戦争法規が平等に適用されるものとされた。…

【戦争】より

…しかし第1次世界大戦後の国際社会において戦争が禁止・制限されると,戦意の表明を基準とする法上の戦争の概念は意義を失い,戦争それ自体が国際法上の制度から排除されるにいたった。
[無差別戦争観]
 近代国際法は戦争の地位に関して,中世の正戦論を克服し無差別戦争観を採った。17世紀前半のグロティウスはなお正戦論を主張しつつ,他方で〈克服しえない無知ignorantia invincibilis〉に基づくときは交戦国双方が正当性を主張しうる場合のあることを認め,18世紀中葉のバッテルは主権国家が平等,独立で相互に裁判官たりえないことから,主権国家間の戦争は外部的効果に関して等しく合法的であるとみなした。…

※「無差別戦争観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無差別戦争観の関連キーワード戦争(war)戦争違法化戦争放棄自衛権

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無差別戦争観の関連情報