コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無担保裏書 むたんぽうらがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無担保裏書
むたんぽうらがき

手形,小切手の裏書人が,手形,小切手上の責任を負わない旨を特に付記した裏書。通常,「無担保」「支払無担保」「償還無用」の語を用いて,裏書人は遡求義務を負わない (手形法 15条1項,77条1項,小切手法 18条1項) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

むたんぽうらがき【無担保裏書】

裏書人が、手形あるいは小切手上の担保責任を負わない旨を付記してする裏書。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の無担保裏書の言及

【遡求権】より

… 所持人が手形・小切手の支払呈示期間内に呈示しなかったり,白地手形,白地小切手のまま呈示するなど,適法な支払呈示をしなかったときは遡求権を失う。無担保裏書(支払または引受けを担保しない旨の表示をした裏書)をした者は遡求義務を負わないので,この者に対しては遡求権が発生しない。所持人が遡求権を行使するには,その作成免除の記載がないかぎり,支払拒絶または引受拒絶の事実を拒絶証書によって証明しなければならない。…

※「無担保裏書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報