コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無方式主義 むほうしきしゅぎ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

無方式主義

著作物に対して「著作権」を認める際の考え方は大きく「方式主義」と「無方式主義」に分かれる。「方式主義」とは、著作権が発生するには「C」表記や著作物としての登録などの方式が要求されるという考え方である。一方、「無方式主義」とは著作権の発生のためにはいかなる方式も要せず、著作物の誕生と共に著作権も発生するという考え方である。現在、「無方式主義」は、日本を含む、ベルヌ条約を締結している150カ国以上の国々のスタンダードとなっている。一方、「方式主義」を採用している国は少数である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

無方式主義の関連キーワード知的財産権(知的財産)権利者不明著作物著作権登録図書館万国著作権条約著作隣接権知的財産著作権法

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android