コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無方式主義(読み)むほうしきしゅぎ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

無方式主義

著作物に対して「著作権」を認める際の考え方は大きく「方式主義」と「無方式主義」に分かれる。「方式主義」とは、著作権が発生するには「C」表記や著作物としての登録などの方式が要求されるという考え方である。一方、「無方式主義」とは著作権の発生のためにはいかなる方式も要せず、著作物の誕生と共に著作権も発生するという考え方である。現在、「無方式主義」は、日本を含む、ベルヌ条約を締結している150カ国以上の国々のスタンダードとなっている。一方、「方式主義」を採用している国は少数である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android