コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無梁殿 むりょうでんwú liáng diàn

世界大百科事典 第2版の解説

むりょうでん【無梁殿 wú liáng diàn】

中国の建築構造の一つで,外観は木造建築の斗栱(ときよう),扉,窓などを表現しながら,実際は純然たる塼(せん)積みで,内部に梁などを用いないボールト(穹窿)構造の類型。〈ぶりょうでん〉ともいう。創始年代は不明だが,遅くとも15世紀には出現し,16世紀後半にはさかんに建設されたことが遺構で知られる。現存する代表的な遺構に,霊谷寺(江蘇省南京),開元寺(江蘇省蘇州),永祚寺(山西省太原),顕通寺(山西省五台)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

無梁殿の関連キーワード中国建築石造建築

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android