コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無梁殿 むりょうでん wú liáng diàn

1件 の用語解説(無梁殿の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むりょうでん【無梁殿 wú liáng diàn】

中国の建築構造の一つで,外観は木造建築の斗栱(ときよう),扉,窓などを表現しながら,実際は純然たる塼(せん)積みで,内部に梁などを用いないボールト(穹窿)構造の類型。〈ぶりょうでん〉ともいう。創始年代は不明だが,遅くとも15世紀には出現し,16世紀後半にはさかんに建設されたことが遺構で知られる。現存する代表的な遺構に,霊谷寺(江蘇省南京),開元寺(江蘇省蘇州),永祚寺(山西省太原),顕通寺(山西省五台)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無梁殿の関連キーワード建築柔構造楣式構造佐野利器構造設計床束簡易耐火構造楣式建築木造軸組工法(在来工法)立川知方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone