無理圧状/無理往生(読み)ムリオウジョウ

デジタル大辞泉の解説

むり‐おうじょう〔‐アフジヤウ|‐ワウジヤウ〕【無理圧状/無理往生】

[名・形動]強引に押しつけて、自分の意見に従わせること。
「愚父(おやじ)が貰って置いたと云って―に婚礼さしたのです」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

むり‐おうじょう ‥アフジャウ【無理圧状・無理往ワウ生】

〘名〙 (形動) 無理やりに承知させてしまうこと。無理にそのようにさせること。また、そのさま。
※談義本・当世穴穿(1769‐71)五「無理往生(オウゼウ)に神道をせよと引込ではなけれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android