コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無益委記 むだいき

1件 の用語解説(無益委記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むだいき【無益委記】

黄表紙。恋川春町作画。1781年(天明1)刊か。3巻。聖徳太子作と伝える《未来記》に擬して,人王三万三千三百三十三代に当たるころの,役にも立たぬ未来記を見せるという構想のもとに,世相人事万般がすっかり移り変じた空想を描く。しかしそれが時代の現実を裏返した風刺的なものとなっているところに見るべきものがあり,黄表紙における未来記という類型的趣向を確立した。【水野 稔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無益委記の関連キーワード黄表紙金々先生栄花夢恋川春町勝川春常勝川春泉勝川春林岸田杜芳北川春政倉橋寿平恋川ゆき町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone