コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無益委記 むだいき

世界大百科事典 第2版の解説

むだいき【無益委記】

黄表紙。恋川春町作画。1781年(天明1)刊か。3巻。聖徳太子作と伝える《未来記》に擬して,人王三万三千三百三十三代に当たるころの,役にも立たぬ未来記を見せるという構想のもとに,世相人事万般がすっかり移り変じた空想を描く。しかしそれが時代の現実を裏返した風刺的なものとなっているところに見るべきものがあり,黄表紙における未来記という類型的趣向を確立した。【水野 稔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無益委記の関連キーワード帰一倍一ありんす

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android