コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未来記 ミライキ

大辞林 第三版の解説

みらいき【未来記】

未来のことを予言して書いた書物。
〔藤原定家作とされる偽書「未来記」に悪い風体の和歌が載っていることから〕 和歌・連歌で、趣向をこらしすぎて不自然になったもの。 「歌には-とて嫌はるる体あり/ささめごと」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の未来記の言及

【四天王寺】より

…説経《信徳丸》の物語はこうした背景のうちに成立し,謡曲《弱法師(よろぼし)》や浄瑠璃《摂州合邦辻(せつしゆうがつぽうがつじ)》にひきつがれてゆく。 御手印縁起の内乱の予言=未来記は,12世紀後半にはじまる保元・平治の乱,源平争乱のなかで深刻にうけとめられ,当寺に深く帰依した慈円は《愚管抄》に記し,《平家物語》も未来記の予言は平家の都落ちをさすと述べた。承久の乱後,後鳥羽上皇の敗北を予言した石文が境内から出現し,藤原定家は日記に書きとめている。…

【無益委記】より

…3巻。聖徳太子作と伝える《未来記》に擬して,人王三万三千三百三十三代に当たるころの,役にも立たぬ未来記を見せるという構想のもとに,世相人事万般がすっかり移り変じた空想を描く。しかしそれが時代の現実を裏返した風刺的なものとなっているところに見るべきものがあり,黄表紙における未来記という類型的趣向を確立した。…

※「未来記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

未来記の関連キーワード小島 泰次郎興禅護国論家永 三郎高瀬 羽皐末広 鉄腸念阿弥慈恩ささめごと梅亭金鵞黒岩涙香末法思想服部撫松太子信仰中院通茂末広鉄腸無益委記讖緯説牛王讖文讖書勾ふ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

未来記の関連情報