コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無目 むめtransom

翻訳|transom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無目
むめ
transom

普通,木造住宅建築などの内法 (うちのり) 高さの位置にあって,柱間に納まる水平材のことで,鴨居とは同じ高さにあるが,建具用の溝は彫られていない。小丸太や竹が用いられることもあるが,長押 (なげし) を取付けるときは,その下端が無目の上端に接する。また,窓枠や出入口枠などの建具の中に組込まれた水平材も無目という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

む‐め【無目】

敷居・鴨居(かもい)と同じ位置にあり、建具を入れる溝のない横木

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むめ【無目】

敷居・鴨居かもいで溝のないもの。ぬめ。 「 -敷居」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

無目の関連キーワードモノー(Jaques Lucien Monod)子どもに多い自己免疫疾患と対策郵便切手/切手収集の用語がん(犬・猫の)ハイジャック異常運動疾患カンディード不随意運動カーザック小児心身症ロシア文学ハプニング幻想建築路上観察パニック澱看の席塩土老翁史学史浮け木積立金

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無目の関連情報