コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無葉蘭 ムヨウラン

デジタル大辞泉の解説

むよう‐らん〔ムエフ‐〕【無葉×蘭】

ラン科の多年草暖地の林内に生え、高さ約30センチ。地下の細長い根茎から地上茎が1~3本出る。葉緑素はなく、葉は退化して鱗片(りんぺん)状。初夏、茎の先に香りのある白い花を数個つける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むようらん【無葉蘭】

ラン科の多年草。葉緑素がなく白色で、葉は鱗片りんぺん状に退化。茎は高さ約30センチメートル。初夏、茎頂に白色または淡紫色の花を数個つける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

無葉蘭 (ムヨウラン)

学名:Lecanorchis japonica
植物。ラン科菌根植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

無葉蘭の関連キーワード山神の錫杖山神錫杖鐘馗蘭土通草山錫杖土木通狐錫杖淡紫色茎頂白色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android