無記名式(読み)ムキメイシキ

精選版 日本国語大辞典の解説

むきめい‐しき【無記名式】

〘名〙 証券や投票などで、権利者や投票者の氏名を記載しない方式。無記名
※商法(明治三二年)(1899)一五五条「株主は何時にても其の無記名式の株券を記名式と為すことを請求することを得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無記名式の関連情報