無記(読み)むき(英語表記)avyākṛta

デジタル大辞泉の解説

仏語。
釈迦(しゃか)が、他の諸宗派からの形而上学的な質問に答えを与えなかったこと。
三性(さんしょう)の一。善でも悪でもない中性的な性質。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。
① 善とも悪とも記すことができないもの。事物の中性的な性質。有覆・無覆の二種に分ける。三性の一つ。無記性。また、哲学用語 Indifference の訳語としても用いる。
※霊異記(810‐824)下「無記にして作せる罪は、無記にして怨を報ず」
※近代日本の思想文化(1953)〈唐木順三〉「解明すれば既に味気なき無記と化してしまふものを」 〔王維‐与胡居士皆病寄此詩兼示学人之二〕
② 質問に対して、是とも非とも答えないこと。形而上学的な問題に関し、積極的に判断・記述することができないものとして釈迦がとった態度。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の無記の言及

【仏教】より

…釈迦の方法は,一方で自然的欲望に身をまかせる快楽主義を否定し,他面,苦行を捨てる点で,苦楽の両極端を離れた中道と称される。 また,釈迦は人生問題の解決に直接役だたない形而上学的問題(たとえば世界の有限・無限とか,創造因とか)については質問されても解答せず(無記),判断を中止している。この点,釈迦は実務的で,自らの立場を病いに応じて薬を施す医者にたとえている。…

※「無記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android