焼きミョウバン(読み)やきみょうばん(英語表記)burnt alum

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミョウバン(カリウムアルミニウムミョウバン)を160℃以下でゆっくりと熱し無水和物KAl(SO4)2としたものをいう。枯礬(こばん)ともいう。無色の粉末。比重1.97(測定温度20℃)。水に溶け、収斂(しゅうれん)作用が強い。化学的にはミョウバンと同じ性質をもっている。医薬品として収斂剤、止血剤に用いられる。そのほか写真硬膜剤、漬物、佃煮(つくだに)などの食品加工用に用いられる。

[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

ミョウバンKAl(SO4)2・12H2Oを加熱脱水したもの.加熱脱水によりもろい白色塊になるため,粉末にするのが容易であり,水を失っただけ重量も減少するので使用するのに便利である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android