コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼準 しょうじゅんnormalizing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焼準
しょうじゅん
normalizing

鋼材に行われる熱処理の一種。焼ならしともいう。 A3 曲線または Acm 曲線 (→鉄鋼の変態 ) 以上の温度に十分な時間保持したのち,空気中またはわら灰の中で放冷する。完全な焼鈍は時間がかかるのでこの方法が実際上よく行われる。炭素鋼ではこの程度のやや速い冷却速度でも微細な標準組織パーライトへの共析が進行するので焼準という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じゅん〔セウ‐〕【焼準】

焼き準し

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

焼準の関連キーワード焼きならし焼入れ鋳鋼鉄鋼A3曲線鋼材

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android