コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レン

デジタル大辞泉の解説

れん【煉】[漢字項目]

人名用漢字] [音]レン(呉)(漢) [訓]ねる
鉱物を熱して不純物を除き、良質のものにする。「試煉・精煉・洗煉・鍛煉」
まぜ合わせてこねる。ねり固める。「煉瓦(れんが)煉丹煉炭煉乳
[補説]「」を代用字とすることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

煉の関連キーワード練・鍊・廉・恋・憐・戀・攣・斂・煉・練・聯・蓮・連・錬栃木県下都賀郡野木町野木hydroculture練る・錬る・煉る・邌るハイドロカルチャー山登検校(初代)長谷川 銈五郎特製切り羊羹手ぐすね引く音威子府羊羹ミツウロコ大島道太郎油杜氏煉方浅野 幸作野木(町)駿河雛人形上野俊之丞阿部正義打下ろす明石博高

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

煉の関連情報