コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗練/洗煉/洗錬 センレン

デジタル大辞泉の解説

せん‐れん【洗練/洗×煉/洗錬】

[名](スル)《物を洗い、または練ってよくする意から》
詩歌・文章の表現を推敲して、よりよいものにすること。「―を極めた文体」
人柄や趣味などを、あかぬけのした優雅・高尚なものにすること。「―された着こなし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

洗練/洗煉/洗錬の関連キーワードナッシュビル・サウンド[Nashville sound]ノーザン・ソウル[northern soul]ニュー・ソウル[new soul]ブラックコンテンポラリーソフィスティケーテッドソフィスティケーションソウルミュージックソフィスティケートベストドレッサーフォークアートあくが抜けるポストパンク灰汁が抜けるドニゼッティ渋皮が剝けるダンディーオーリック一皮剝けるハイセンス渋が抜ける

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android