煤湯(読み)ススユ

  • ×煤湯

大辞林 第三版の解説

煤払いを終えたあとで入る湯。 [季] 冬。 今日-を浴びて五塵の垢を落とし/滑稽本・浮世風呂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 煤掃きの日に浴する湯。近世では、ふつう、一二月一三日に煤掃きが行なわれた。《季・冬》
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「今日煤湯(ススユ)を沐(あび)て五塵の垢(あか)を落し、明日貰湯に入て六欲の皮を磨(すりむ)き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android