コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五塵 ゴジン

3件 の用語解説(五塵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐じん〔‐ヂン〕【五×塵】

仏語。煩悩(ぼんのう)を起こさせて人の心をちりのように汚すもの。色(しき)・声(しょう)・香(こう)・味・触(そく)の五境のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごじん【五塵】

〘仏〙 色しき・声しよう・香・味・触そくの五境のこと。塵ちりのように人の心を汚すことからいう。 → 五境

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五塵
ごじん

仏教語で、眼(げん)、耳(に)、鼻(び)、舌(ぜつ)、身(しん)の五官のそれぞれに対応する色(しき)(いろ、かたち)、声(しょう)、香(こう)、味(み)、触(そく)(触れられるもの)の5種の感官の対象をいう。これらは五官の欲望をおこさせる原因として、本来清らかな人間の心をけがすので、物を汚す塵(ちり)に例えた。また五境、五欲ともいう。なお、五官のほかに第六の「意」(思考作用)の対象を「法」といい、これを加えて六塵(ろくじん)あるいは六境という。[藤井教公]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五塵の関連キーワード煩悩即菩提子煩悩刺激剤十惑百八煩悩煩悩鷺煩悩濁煩悩魔六塵六賊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone