コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五塵 ゴジン

デジタル大辞泉の解説

ご‐じん〔‐ヂン〕【五×塵】

仏語。煩悩(ぼんのう)を起こさせて人の心をちりのように汚すもの。色(しき)・声(しょう)・香(こう)・味・(そく)の五境のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごじん【五塵】

〘仏〙 色しき・声しよう・香・味・触そくの五境のこと。塵ちりのように人の心を汚すことからいう。 → 五境

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五塵
ごじん

仏教語で、眼(げん)、耳(に)、鼻(び)、舌(ぜつ)、身(しん)の五官のそれぞれに対応する色(しき)(いろ、かたち)、声(しょう)、香(こう)、味(み)、触(そく)(触れられるもの)の5種の感官の対象をいう。これらは五官の欲望をおこさせる原因として、本来清らかな人間の心をけがすので、物を汚す塵(ちり)に例えた。また五境、五欲ともいう。なお、五官のほかに第六の「意」(思考作用)の対象を「法」といい、これを加えて六塵(ろくじん)あるいは六境という。[藤井教公]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

五塵の関連キーワード五官煩悩煤湯五欲仏語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android