コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煤煙発生施設 ばいえんはっせいしせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

煤煙発生施設
ばいえんはっせいしせつ

工場,事業場に設置されている大気汚染の原因となる煤煙 (硫黄酸化物煤塵有害物質 ) を発生排出する施設。大気汚染防止法は,硫黄酸化物,煤塵,有害物質の排出基準を課し,その種類,規模を政令第2条および別表第一で定めているが,伝熱面積 10m2以上のボイラなど金属精錬,石油化学工業関連その他,広範にわたっている。排出規制のほか,その設置変更には一定の届け出を要する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

煤煙発生施設の関連キーワード特別排出基準集塵装置特定物質

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android