コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排出基準 はいしゅつきじゅん

2件 の用語解説(排出基準の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

はいしゅつきじゅん【排出基準】

事業所などが大気中に排出する有害物質の量に対する許容限度。大気汚染防止法で規定され、遵守が義務づけられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はいしゅつきじゅん【排出基準】

環境を保全するために,公害発生源での汚染物質の排出を規制する基準。合理的なありかたの一つには次のようなものがある。すなわち,まず,大気や水,土壌の汚染,騒音や振動などの環境汚染と影響とに関する判定条件(クライテリア)を策定し,判定条件から長期的な目標としての環境目標基準を設定する。これに対応して,汚染物質の各排出源にかかわる排出目標基準および立地規制基準が設定される。次に,汚染の深刻さ,防止技術の進展や経済の発展状況を政策的に考慮して,短期的な規制値としての環境規制基準が設けられ,これに対応して排出規制基準が定められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

排出基準の関連キーワード環境基準公害調停人間環境宣言複合汚染衛生警察地位保全の訴え保全管理区域環境基準と生物化学的酸素要求量公害物質表明保証

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

排出基準の関連情報