コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照喜名聞覚 てるきな もんがく

2件 の用語解説(照喜名聞覚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

照喜名聞覚 てるきな-もんがく

1682-1754* 琉球の三線(さんしん)(三味線)奏者。
尚貞王14年11月30日生まれ。新里朝住(しんざと-ちょうじゅう)に三線をまなび,聞覚流をひらく。のち三線の記譜法を創案した弟子屋嘉比朝寄(やかび-ちょうき)の「屋嘉比工工四(くんくんしー)」は聞覚の楽譜を基礎にしているという。尚穆(しょうぼく)王2年12月30日死去。72歳。首里出身。名は名仙。唐名は蕭世安。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

照喜名聞覚

没年:尚穆2(1753)
生年:尚貞14.11.30(1682.12.28)
18世紀の沖縄古典音楽の演奏家で,盲目の楽人。通称照喜名名仙,唐名粛世安。新里朝住に歌三線(三味線)を学ぶ。「昔節」「大昔節」など十余の曲節について楽譜を著していたといわれ,これが弟子屋嘉比朝寄の「工工四」編纂の基礎となった。また,尚敬7(1719)年冠船で沖縄の楽劇,組踊 が初演されたとき,聞覚が音楽上の指揮を執ったと考えられ,組踊創出への貢献は大きいといえよう。

(金城厚)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

照喜名聞覚の関連キーワード三線蛇皮線君子の三畏中山伝信録西三線北東三線北金武良仁蔡世昌知念績高山内盛彬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone