熊の皮

精選版 日本国語大辞典の解説

くま【熊】 の 皮(かわ)

熊の毛皮。敷物などに用いる。
古語拾遺(亮順本訓)(807)「神祇の祭に令して熊皮(くまノかは)鹿の皮角布(つのぬの)(とも)を用ゐるは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の熊の皮の言及

【追儺】より

…大儺(たいな),鬼やらいともいう。古く中国に始まり,《周礼(しゆらい)》によれば方相氏(ほうそうし∥ほうしようし)と称する呪師が熊の皮をかぶり,四つの黄金の目玉のある面をつけ,黒衣に朱の裳(も)をつけ,手に戈(ほこ)と盾(たて)とをもって疫鬼を追い出した。日本へは文武天皇のころに伝わったという。…

※「熊の皮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊の皮の関連情報