コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊之凝 くまのこり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊之凝 くまのこり

日本書紀」にみえる武人
仲哀(ちゅうあい)天皇の没後,忍熊(おしくまの)皇子と神功(じんぐう)皇后があらそったとき,忍熊軍の先鋒(せんぽう)となり,皇后側の武内宿禰(たけしうちのすくね)・武振熊(たけふるくま)軍を菟道(うじ)(宇治)にむかえ撃ち,声たからかに歌をよんで兵を激励したという。忍熊軍は偽装の和睦にあざむかれ,武器をすてたところを攻められ全滅した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android