コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷武五郎 くまがい たけごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷武五郎 くまがい-たけごろう

1842-1902 明治時代の官吏。
天保(てんぽう)13年2月生まれ。熊谷直清の弟。江戸で剣術をおさめ,下総(しもうさ)佐倉藩(千葉県)の師範となる。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍参謀付書記。明治7年大蔵大丞(だいじょう)。のち華族銀行支配人,四十四銀行頭取をへて,21年仙台逓信管理局長となった。明治35年7月23日死去。61歳。出羽仙北郡(秋田県)出身。名は直光。字(あざな)は士方。号は三村。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

熊谷武五郎の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)[各個指定]工芸技術部門ゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)紀行文学フロイトイギリス史(年表)正岡子規熱雲サウド家

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android