コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野大神 くまののおおかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊野大神 くまののおおかみ

古代伝承上の神。
延喜(えんぎ)式」祝詞,「出雲(いずも)国風土記」によれば,島根県八束(やつか)郡八雲村熊野の熊野神社の祭神。伊奘諾尊(いざなぎのみこと)の子,素戔嗚尊(すさのおのみこと)をたたえた別名で,くわしくは神祖熊野大神櫛御気野命(かむろきくまののおおかみくしみけぬのみこと)。出雲大社大国主神とともに出雲国内の最高神とされ,植林および農業をつかさどる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

熊野大神の関連キーワード家都御子神熊野大社王子信仰火継

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android