コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野大神 くまののおおかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊野大神 くまののおおかみ

古代伝承上の神。
延喜(えんぎ)式」祝詞,「出雲(いずも)国風土記」によれば,島根県八束(やつか)郡八雲村熊野の熊野神社の祭神。伊奘諾尊(いざなぎのみこと)の子,素戔嗚尊(すさのおのみこと)をたたえた別名で,くわしくは神祖熊野大神櫛御気野命(かむろきくまののおおかみくしみけぬのみこと)。出雲大社大国主神とともに出雲国内の最高神とされ,植林および農業をつかさどる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

熊野大神の関連キーワード家都御子神熊野大社王子信仰火継

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊野大神の関連情報