コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱気浴 ネッキヨク

大辞林 第三版の解説

ねっきよく【熱気浴】

伝導熱を利用した温熱療法の一。室内あるいは浴函よくかん内の空気を摂氏50~80度に加熱し、多量の発汗を起こして代謝を促進する。リウマチ・神経痛・肥満症などに効果がある。サウナ風呂・熱気函浴など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

熱気浴の関連キーワードカラカラ浴場給排水設備トルコ風呂サウナ風呂水治療法発汗療法温熱療法神経痛サウナ風呂発汗摂氏砂湯

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱気浴の関連情報