コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱水変質作用 ねっすいへんしつさようhydrometamorphism

岩石学辞典の解説

熱水変質作用

岩石が低温低圧条件下で起こした変化過程.続成作用(diagenseis)と同義.膠結作用(cementatin)や再結晶作用などが含まれる[Harker : 1889].熱水液の作用で岩石が変質すること[渡辺編 : 1935].

熱水変質作用

熱水作用によって岩石が変質して新しい鉱物が生じる作用の総称

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねっすいへんしつさよう【熱水変質作用 hydrothermal alteration】

地殻内の高温水溶液(熱水)との反応により,既存の岩石中の鉱物共生や組織が変化する作用。地殻内にはさまざまな起源をもつ熱水(鉱化流体)があり,移動,滞留,循環などを起こしている。地殻内の岩石は低温(堆積岩など)から高温(火成岩など)にいたるさまざまな温度で形成され,その温度で安定な鉱物組合せをもっている。これらの岩石が,さまざまな温度の熱水(通常100~600℃程度)と接触すると,熱水との間に熱と物質の交換を行い,その条件下で安定な鉱物の組合せに変化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱水変質作用の関連キーワードミョウバン石(明礬石)ミョウバン(明礬)石パイロフィライトバーミキュライトプロピライトグリーンタフオージェル石熱水変成作用ベントナイト水化変成作用熱水作用粘土鉱物ウナカ岩熱水鉱床変成作用天草石方沸石蛇紋岩陶石鉱脈

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android