コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱発 ネッパツ

デジタル大辞泉の解説

ねっ‐ぱつ【熱発】

[名](スル)病気などのため体温が平常より高くなること。発熱。
「先刻より―してはや苦しき息なり」〈子規・墨汁一滴〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねっぱつ【熱発】

( 名 ) スル
発熱 」に同じ。 「 -する程の事にはあらねど、神経非常に高ぶり/蜃中楼 柳浪

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

熱発の関連キーワードレンツ(Emiliy Hristianovich Lents)ヒル(Archibald Vivian Hill)アルヒバルド・ビビアン ヒル新エネルギー利用特別措置法地熱発電(じねつはつでん)宮城県大崎市鳴子温泉鬼首岩手県八幡平市松尾寄木福島県河沼郡柳津町黒沢大岳温泉・大嶽温泉福島県河沼郡柳津町温泉バイナリー発電コジェネレーション大分県玖珠郡九重町ベースロード電源原子力発電所事故太陽エネルギーブルーラグーン体表面積の法則バイナリー発電感熱プリンター

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱発の関連情報