膨張率(読み)ぼうちょうりつ(英語表記)expansion coefficient

  • ぼうちょうりつ バウチャウ‥
  • ぼうちょうりつ〔バウチヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温度が上昇するとき,物体熱膨張のしやすさの程度を表わす量。気体は膨張しやすくて膨張率が非常に大きいが,液体固体の膨張率は小さい。0℃のときの体積V である物体を一定の圧力のもとで熱し,温度が dT だけ上昇して体積が dV だけ増加するとき,体積増加の割合 dV/V は温度上昇 dT に比例して dV/V=αdT である。この比例係数 α=(dV/dT)/V を体膨張率という。固体では長さの熱膨張も考えられる。つまり0℃で長さ l の固体を一定の圧力のもとで熱するとき,温度上昇 dT に対して長さの増加が dl ならば,長さの増加割合 dl/l の温度上昇 dT に対する比例係数 β=(dl/dT)/l を線膨張率という。等方性の固体では,体膨張率αと線膨張率βとの間にα=3βという関係がある。膨張率の測定には各種の膨張計が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 一定圧力のもとで温度を摂氏一度あげたとき増加した体積または長さと、もとの体積または長さとの比。体膨張率と線膨張率とがある。膨張係数。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の膨張率の言及

【熱膨張】より

…定圧下で物質の温度を1K(=1℃)だけ上げたとき体積がVからV+⊿Vになるとする。このときβ=⊿V/Vを体膨張率と呼ぶ。βの単位はK-1(または℃-1)である。…

※「膨張率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android