コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱量流量計 ねつりょうりゅうりょうけい

世界大百科事典 第2版の解説

ねつりょうりゅうりょうけい【熱量流量計】

温水,冷水などの媒体で供給される熱エネルギーの,ある期間内の総和量を知るための計測器で,積算熱量計とも呼ばれる。集中冷暖房システムでセンターから需要者に供給される熱エネルギーの月間の積算値を求める際などに用いられる。構造上,媒体の流量を測る機構と,需要者の側での熱エネルギー消費に伴って生ずる媒体温度の変化(媒体が温水の場合には低下,冷水の場合には上昇)を測る機構と,これら二つの測定の結果からの演算によって消費量の積算値を求める機構とを含む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android