コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱電温度計 ねつでんおんどけいthermoelectric thermometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱電温度計
ねつでんおんどけい
thermoelectric thermometer

熱起電力を利用した温度計熱電対 (異種の2金属を連結してつくった閉回路) の両端の接点を異なる温度に保つと熱起電力を生じて回路に電流が流れる。与えられた2種の金属の熱電対の熱起電力は両接点の温度差と定まった関係をもつので,一方の接点を基準温度に保ち,他方の接点を測温体の温度にすれば,ミリボルト計で測定した熱起電力の値から温度が求められる。電気的測定であるから精密で,遠隔操作,自動記録,自動制御など工業用に適する。熱電対に用いられる金属の対は,高温用には白金-白金ロジウム,アルメル-クロメル,タングステン-タングステンモリブデンが,低温用には銅-コンスタンタン,鉄-コンスタンタンが用いられる。また感度を上げるには熱電対を直列に接続したサーモパイルが用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつでん‐おんどけい〔‐ヲンドケイ〕【熱電温度計】

熱電対温度計

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

熱電温度計【ねつでんおんどけい】

熱電対を使った温度計。2種の金属線の接合点の一方(基準接点)を既知の温度,たとえば0℃または室温に保ち,他方(測温接点)を測定する点に置きその間の起電力を測れば温度差を算出できる。
→関連項目温度計高温計

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねつでんおんどけい【熱電温度計 thermoelectric thermometer】

2種類の金属の線を両端で接合した電気回路には,金属の種類と両接合点の温度とに応じた起電力が生ずる。そこで,一方の接合点を既知の一定温度に保っておいて起電力を測定すれば,他方の接合点の温度を知ることができる。このことを利用する温度計を熱電温度計という。19世紀後半に実用化され,学術上,産業上の計測や制御に広く使われている。この目的に用いる金属線を素線,既知温度に保つ接合点を基準接点,他の接合点を測温接点と呼び,2素線と2接合点とで構成された系を熱電対と呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねつでんおんどけい【熱電温度計】

熱電対ねつでんついを利用した温度計。導体の組み合わせにより種々あるが、構造が比較的簡単でじょうぶなので、低温から高温まで測定できる。熱電対温度計。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱電温度計
ねつでんおんどけい

温度検出素子として2種の異なる導体の素線(たとえば純金属線と合金線)の先端を接合した熱電対(つい)を用い、先端部(測温接点)と基部(基準接点)との温度差に対応して発生する熱起電力の大きさによって温度を測定する計器。熱電対温度計ともいう。熱電温度計は構造が簡単でじょうぶという特徴を生かして、極低温域から3000℃付近の高温まで幅広い用途に数多く用いられ、なかでも工業用温度計としての役割が大きい。用いる熱電対素線の種類と組合せ、また、感温部、指示部の仕様などによって多くの種類があるが、広く用いられる器種については国際的に統一された工業規格が設けられており、出力信号である起電力と温度との関係が標準化されている。熱電温度計の指示部は電位差計(電圧計)であり、指針型(アナログ型)の計器も用いられるが、1980年代以降は電子式デジタル電圧計と演算装置を用いて即時に温度値を表示するものが多い。普通、基準接点の温度が0℃のときの温度値を表示するが、実際の基準接点の温度を別の温度計で測って補正した値を表示するものもある。[三井清人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の熱電温度計の言及

【温度計】より

…18世紀に入ると,G.D.ファーレンハイト,A.セルシウスらによって温度目盛の基準化が進められ,バイメタルを利用した温度計も考案された。19世紀の物理学の進展は,温度の概念に熱力学的および統計力学的な基盤を与えるとともに,電磁気現象や熱放射現象を利用する温度計,すなわち熱電対を利用した熱電温度計,金属や半導体の電気抵抗が温度によって変わることを利用した抵抗温度計,物体からの放射エネルギーの量を測定する放射温度計,輝度を標準の電球と比較して温度を測る光高温計などの発明をもたらし,また,温度測定の統一的な基準となる熱力学温度の単位の構想や,気体液化による低温の利用,電流の熱作用による高温の発生などを可能にした。これらの傾向は,産業技術の展開と表裏の関係をなし,一方で,産業用温度計の開発,汎用(はんよう)化を促し,他方で,極低温や超高温の分野における研究と利用,ひいてはこれらの極端な温度を測定する技術への多彩な挑戦を誘い出して,今日に及んでいる。…

【熱電対】より

…熱電対は二つの接点をともに測温点として,温度差を求める際にも使われる。熱電対を利用した温度計(熱電温度計)は,種々の温度計の中でも信頼性も高く,比較的安価なので,一般に広く使われている。熱電対として用いられる金属としては,熱起電力が高く温度に対する直線性のよいこと,化学的に安定なこと,材料が得やすいことなどが要求されるが,代表的な熱電対金属としては,銅とコンスタンタン,鉄とコンスタンタン,クロメルとアルメル,白金と白金ロジウムなどがある。…

※「熱電温度計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱電温度計の関連キーワード白金組み合わせ電気熱量計表面温度計吸引高温計電気温度計センサー

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android