コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃料電池電気自動車 ねんりょうでんちでんきじどうしゃfuel cell electric vehicle; FCEV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燃料電池電気自動車
ねんりょうでんちでんきじどうしゃ
fuel cell electric vehicle; FCEV

燃料電池エネルギー源として使う電気自動車内燃機関を使う現行の自動車に代わる次世代の交通機関。 1994年にヨーロッパでダイムラーベンツがミニバンサイズの燃料電池自動車開発を開始,実用化を目指した。これに続き,日本でも政府の後押しのもと,トヨタ自動車日産自動車本田技研工業などが開発に着手,フォード・モーター,ジェネラル・モーターズなど世界各社にも開発が広がった。固体高分子型の燃料電池を使うが,燃料には水素そのもの,あるいは水素源としてメタノール,ガソリンを使うなど選択肢がある。しかし燃料電池そのものがまだ高く燃料電池自動車1台あたり数億円という高コストの問題,ガソリンスタンドに代わる燃料スタンドというインフラの問題,水素を使う場合の安全性の問題など,こえるべき壁も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燃料電池電気自動車の関連情報