コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕口 ツバクログチ

4件 の用語解説(燕口の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つばくろ‐ぐち【×燕口】

携帯用の袋。絹・木綿などで製し、口を開くツバメの尾のような形になるもの。

つばめ‐ぐち【×燕口】

漆器の椀(わん)・折敷(おしき)などで、ツバメの口のように、外側が黒く内側が赤く塗ってあるもの。
ツバメの口に似た鏃(やじり)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つばくろぐち【燕口】

口を開くとツバメの尾のような形になる、布製携帯用の袋。つばくらぐち。

つばめぐち【燕口】

漆塗りの椀や折敷おしきなどで、ツバメの口のように外側を黒く、内側を赤く塗りわけてあるもの。 「振舞にけつりちらせる花鰹椀も折敷も-なり/犬子集」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の燕口の言及

【袋物】より

…発火器としての燧袋は,匂袋(においぶくろ)とともに腰さげ袋として古くから用いられ,のち金銭や薬品を入れるようになり,鎌倉時代には巾着(きんちやく)の発生をみた。 貨幣経済の発達は金銭携行のための袋物を発達させ,江戸時代には早道(はやみち)(銭入れ,タバコ入れに用いる),胴乱,一つ提(さげ)(タバコ入れの一種で,きせる筒を離し,タバコ入れのみに緒などをつけた袋),藩札入れ,燕口(つばくらぐち)(口を開くとツバメの口のような形になる携帯用の袋)が用いられることになり,タバコの伝来に伴う喫煙の風習は半月,腰差,叭(かます),火の用心,袂落(たもとおとし)等のタバコ入れを生んだ。また,上下一般が鼻紙を用いるようになって懐中物の鼻紙袋ができ,これに鏡,ようじ,小銭を入れる仕掛けをつくって三徳ととなえ,女子の愛用するところとなり,筥迫(はこせこ)に近づいていった。…

※「燕口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone