コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕子箋 えんしせんYan-zi-jian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燕子箋
えんしせん
Yan-zi-jian

中国,明末の戯曲阮大せい (げんだいせい) の作。唐代の安禄山の乱を背景として,たまたま同じ科挙の受験生を慕うようになった妓女試験官の娘が,戦乱に巻込まれ苦労しながらも,ともにめでたくその男に嫁することになる恋愛劇。はなやかな修辞のなかに,退廃した上層階級の雰囲気を描き出したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

燕子箋
えんしせん

中国、明(みん)代の伝奇(戯曲)作品。作者は明末清(しん)初の人阮大(げんだいせい)。唐代の士人霍都梁(かくとりょう)の絵が、手違いから礼部尚書の娘飛雲(れいひうん)に渡り、そこに都梁と並んで描かれた妓女(ぎじょ)華行雲(かこううん)が自分の姿そのままであることに驚いた飛雲が詞(し)を題したのを、燕(つばめ)がくわえて持ち去り、都梁に拾われるというのでこの題名がある。都梁は友人に陥れられて出奔し、おりからの安禄山(あんろくざん)の乱のなかで飛雲と行雲もそれぞれに流浪して、辛苦のすえに団円となる。明末を代表する戯曲にあげられるが、容貌(ようぼう)と名前の似た2人の女がともに1人の男に嫁するまでの物語は奇巧を極め、この時代に流行した才子佳人小説と好尚を同じくしており、文化爛熟(らんじゅく)の時代の精神的退廃を感じさせる。[傳田 章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android