辛苦(読み)しんく

精選版 日本国語大辞典「辛苦」の解説

しん‐く【辛苦】

〘名〙 (形動) (古くは「しんぐ」)
① つらいめにあって苦しむこと。また、そのさま。つらい苦しみ。艱難。困苦
※万葉(8C後)五・八九七・題詞「老身重病経苦及思児等歌七首」
※史記抄(1477)一七「百姓が辛苦して筋力を尽して」 〔春秋左伝‐襄公九年〕
② 辛味と苦味。辛く苦いこと。また、そのさま。
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉一〇「大抵蓼と異ならず只味ひ淡くして辛苦なることなし」 〔菫仲舒‐春秋繁露・五行之義〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「辛苦」の解説

しん‐く【辛苦】

[名](スル)《古くは「しんぐ」》つらく苦しい思いをすること。また、その苦しみ。「辛苦して子供を育て上げる」「艱難かんなん辛苦」「粒々りゅうりゅう辛苦
[類語]苦労骨折りろう労苦苦心腐心辛労心労煩労艱苦かんく艱難かんなん苦難辛酸ひと苦労

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「辛苦」の解説

【辛苦】しんく

苦労する。李紳(あは)れむ、二首、二〕禾(くわ)を鋤すれば、日はに當る 汗は(したた)る、禾下の土 誰か知らん、盤中の(さん) 粒粒(りふりふ)、皆辛なることを

字通「辛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android