コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆発地震 ばくはつじしんexplosion earthquake

世界大百科事典 第2版の解説

ばくはつじしん【爆発地震 explosion earthquake】

安山岩質火山は,爆発的噴火を示すが,この噴火に伴って生ずる地震を爆発地震という。一般に人体に感ずることはまれであり,人体で感ずるのは爆発に伴って生ずる爆圧であることが多い。爆発地震を山体に置いた多数の地震計で観測すると,地震波初動が火口からすべての方向に〈押し〉であることがわかり,これは火道の中で急激な膨張が発生したためと解釈される。爆発地震の震源を求めると,火口直下から1kmくらいにまで分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の爆発地震の言及

【火山性地震】より

…火山が爆発的な噴火をする場合,噴火に伴って地震が発生する。これを爆発地震という。【下鶴 大輔】。…

※「爆発地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

爆発地震の関連キーワード船舶保険第6種特別約款

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

爆発地震の関連情報