初動(読み)ショドウ

大辞林 第三版の解説

しょどう【初動】

最初の行動。
ある地点に地震波が到達してひきおこす、大地の最初の動き。地震波には、 P 波、 S 波等各種の波が含まれているが、 P 波が最も速く、最初に到達するので、通常 P 波初動をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐どう【初動】

〘名〙
① 最初の行動。最初の動作。
※作戦要務令(1939)一「敵と近接するに至れば捜索を周密にし且本隊戦闘の初動を有利ならしむ」
② 震源から最初に到着した地震波による地動。地震の大ゆれの前に現われる、振幅の小さな微動の期間をいう。初期微動。
※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉灰燼余録「各地に於ける初動は何れも外方に向ひ、陥落或は断層地震である事を示して居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初動の関連情報