コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆縮型核爆弾 バクシュクガタカクバクダン

デジタル大辞泉の解説

ばくしゅくがた‐かくばくだん【爆縮型核爆弾】

爆縮圧力を利用して起爆する核爆弾核分裂性物質プルトニウムまたは高濃縮ウラン)を包むように爆薬を配置した球形の構造で、爆発の圧力により核分裂物質が圧縮されて超臨界状態に達し、核爆発を起こす。長崎に投下された原子爆弾に使用された。インプロージョン型核爆弾。→砲身型核爆弾
[補説]設計・製造が複雑で高度な技術を要するが、ウランより少量で臨界に達するプルトニウムを利用できるため小型化できる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

爆縮型核爆弾の関連キーワード核分裂

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android