コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超臨界状態 チョウリンカイジョウタイ

デジタル大辞泉の解説

ちょうりんかい‐じょうたい〔テウリンカイジヤウタイ〕【超臨界状態】

物質の相を圧力・温度を変数にして図示した状態図における、臨界点を超えた圧力・温度の状態。気体と液体の中間的な性質をもつ。この状態にある物質を超臨界流体という。特に水の場合は超臨界水といい、工業的に利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

超臨界状態の関連キーワード東海村臨界事故二酸化炭素抽出爆縮型核爆弾超臨界抽出エアロゲル超臨界領域超臨界

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android