片岡常道(読み)かたおか つねみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片岡常道 かたおか-つねみち

1835-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。尊王攘夷(じょうい)をとなえ,藩内抗争鎮圧のため水戸へむかった支藩宍戸(ししど)藩主松平頼徳(よりのり)にしたがう。那珂湊(なかみなと)で幕府軍や水戸藩諸生党とたたかって敗れ,元治(げんじ)元年10月16日刑死した。30歳。通称は為之允。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android