コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片桐貞利 かたぎり さだとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片桐貞利 かたぎり-さだとし

?-1862 幕末の大名。
美濃(みの)(岐阜県)高富藩主本庄道美(みちよし)の次男。文久2年大和(奈良県)小泉藩主片桐貞照(さだてる)の養子となり家督をつぐが,同年10月29日死去。叙任の前であったため藩主の代数にはかぞえられない。号は薫斎,宗悠。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片桐貞利の関連キーワードサイゴン条約黒住教バールセンブッセリチャードソンリッジウェー有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵